Home » ブログ » 世界の景気減速サイン発生!?株価急落を示唆する債券の逆イールド現象

世界の景気減速サイン発生!?株価急落を示唆する債券の逆イールド現象

更新:2019年09月02日

こんにちは!ポン君です!

お盆になってお仕事の休みにのんびり過ごした方も多いのではないでしょうか!

ちなみに私は夏の風物詩、花火を見に行きました!

久しぶりに花火を見 ましたが、綺麗ですね~

気分も落ち着いて、トレードも頑張れそうです。

さてさて、問題の相場ですが、8月は本当によく動きますね。

この変動率のことを専門用語でボラティリティといいます。

相場のほうは、あまりいい雰囲気ではないみたいです。

でも、トレーダーには関係ありません。

上がろうが下がろうが儲かればいいのですから(笑)

今回は8月14日に発生した“債券の逆イールド現象“について解説していきたいと思います。注1)(注2

今週は”逆イールド“という言葉をニュースなどで耳に した人も多いでしょう。

これってマジでやばいんです(汗)

株価暴落や為替市場にも影響を与え、

これから先に相場がどうなるのかを示す”シグナル “といわれています。

(オシレーターと平均足はまた今度・・)

つまり過去12年間で投資家のファンダメンタルは最悪です。

でも、債券ってそもそも何?

逆イールドって何?

なんでそんなに大変なの?

と疑問に感じる方もきっといると思います。

まず初めに債券が何かというお話。

日本でも話題になることがありますが、簡単に言うと、

国や自治体が借金をするために発行する有価証券のこと。

投資家が債券の購入をすることによ り、発行元は不足分の資金集めをします。

国が発行した債券のことを“国債(こくさい)”といいます。

今回話題になったのがアメリカの“2年物国債”“10年物国債“

国債にもいろいろ種類があって、

2年間で投資家に利子と一緒にお金を返しますよというのが2年物国債です。

10年物国債は10年後に投 資家に利子をつけて返しますという国債です。

通常なら、長期間お金を貸したら、それだけ利子も増えますよね。

貸している期間が長ければ長いほど金利も高くなります。

当然、2年物国債より10 年物国債のほうが利回りはいいはずです。

これが正常な状態。

ところが!!

2019年8月14日にそれが逆転してしまったのです。

2年物国債の方が10年物国債よりも利回りが良くなってしまったのです。

この短期金利>長期金利の現象のことを逆イールド現象と呼びます。

ポン君の相場マメ知識まとめ<国債市場>

国債市場でこの現象が起きると、

「景気後退(リセッション)が起こって金利が低下するのでは??
今後の株価が心配だ。よし、今のうちに株を売っておこう」

と多くの投資家は考えます。

すると下記の図のようなことが起きるのです。

当然、アメリカの株価が下がれば為替相場にも影響を与えます。

ついでに言うと、イギリスでも同じ逆イールド現象が同日発生しました。

あのリーマンショックの前にもこの逆イールド現象が起こっているのです。

ただでさえ、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱問題、北朝鮮問題など

地政学的リスクがあるところに景気後退が来るとどうなるか・・

う~ん、分かりません!

結局、これだけ悪条件がそろっていてもドル円は105円を割らず、

8月19日時点で106.500付近を推移しています。

ちなみに今週はお盆のため、トレードをしていません。

お盆が終わって、落ち着いたらトレードをしていきたいと思います。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

良い一日を!

■■■■脚注■■■■

(注1)株価を暴落させた逆イールドとは?逆イールドは景気後退の予兆って本当?(ザイFX!)

(注2)日本株は反落、逆イールドで世界景気警戒-輸出や素材など全業種安い(ブルームバーグ)

XM Trading

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

プロスペクト理論で過去検証をしてみた

(更新:2019年11月18日) どうもナオクマです! これまではテクニカル指標に焦点を当てたトレード分析をしてきました! 今後はメンタルや資金管理にも目を向けていきます! というわけで今回は、「プロスペクト理論」についてです。

[続きを読む]

 

【FX】2つの負けを比較して分かったこと

(更新:2019年11月07日) どうもナオクマです! 負けが続いています(;^_^A それにもめげず励むなか、「負け」にも色々な種類があることに気づきました! というわけで今回は2つのケースをご紹介します。

[続きを読む]

 

100トレード達成!利益額・損失額・勝率を発表します。

(更新:2019年11月05日) どうもナオクマです! 約2ヶ月に渡りトレード記録を付けてきましたが、 ついに100回目の売買を迎えました! 今回は、週ごとに報告するいつものスタイルとは趣向を変えて、 100回分の全記録を振り返ることにします。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

XM Trading

公式サイト 口座開設

Top