Home » ブログ » 200EMA→20EMAに変えただけで・・・実績公開します。

200EMA→20EMAに変えただけで・・・実績公開します。

更新:2019年09月06日

どうもナオクマです!

テクニカル指標を変更したのでご報告!

200EMA(200日指数移動平均線)から20EMAにしました!

理由は愛読している書籍に載っていたから(^^♪

他のFXサイトでもおすすめしているところが多いので、手にとって見てくださいね。

『FXスキャルピング ―ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門』注1

20EMAに変更後のチャートがこちら。

線の太さも1段階大きくしました。

個人で見る分には細くても問題ないですが、

ブログで報告するときや後から見返すときはこちらのほうが良いですね。

特徴としては200EMAに比べて、よりチャートに近い動きをしていること。

これで細かなトレード判断ができるそうです。

そして2日間使ってみた実績がこちら。

トータル6,892円なので、なかなか良好(^^♪

1日目:合計金額4,585円

2日目:合計金額2,307円

トレンド転換もきちんとお知らせてくれます。

1日目:1回目

2日目:1回目

★印は新規注文をしたところです。

1日目は成行・買い2 日目は成行・売りで入れました。

図をみると1日目は上昇トレンド→下降トレンド、

2日目は下降トレンド→上昇トレンドに転換したことが分かります。

理由は各チャートが20EMAを下抜け、上抜けしているからです。

このシグナルがあることで、うまく損切りができました。

もし20EMAでなければトレンド転換に気づかなかったかもしれません。

さらに大きな損失額になっていた可能性もあるので・・・

20EMAあっぱれです!

また、損失回避だけでなく利益獲得にも貢献してくれました。

1日目:2回目

2日目:2回目

★印は新規注文したところです。

1日目は成行・売り2 日目は成行・買いで入れました。

見事な大幅利益を得たことが図から分かりますね。

このように長い陽線・陰線を予兆してくれるのも20EMAの魅力の ようです。

改めてテクニカル指標は、資金効率を良くするために重要なものだと実感しました。

特に私のようなスキャルピングでは200EMAより20EMAが有効です。

引き続き、報告していきますね。

■■■■脚注■■■■

(注1)『FXスキャルピング ―ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門』(amazon)

XM Trading

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

プロスペクト理論で過去検証をしてみた

(更新:2019年11月18日) どうもナオクマです! これまではテクニカル指標に焦点を当てたトレード分析をしてきました! 今後はメンタルや資金管理にも目を向けていきます! というわけで今回は、「プロスペクト理論」についてです。

[続きを読む]

 

【FX】2つの負けを比較して分かったこと

(更新:2019年11月07日) どうもナオクマです! 負けが続いています(;^_^A それにもめげず励むなか、「負け」にも色々な種類があることに気づきました! というわけで今回は2つのケースをご紹介します。

[続きを読む]

 

100トレード達成!利益額・損失額・勝率を発表します。

(更新:2019年11月05日) どうもナオクマです! 約2ヶ月に渡りトレード記録を付けてきましたが、 ついに100回目の売買を迎えました! 今回は、週ごとに報告するいつものスタイルとは趣向を変えて、 100回分の全記録を振り返ることにします。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

XM Trading

公式サイト 口座開設

Top