Home » ブログ » ミスって、往復ビンタで、意気消沈。

ミスって、往復ビンタで、意気消沈。

更新:2019年09月10日

どうもナオクマです!

往復ビンタに合いました(泣)

青い丸が新規買いの成行注文

ピンクの丸が新規売りの成行注文です!

図からも分かるように、この日は計4回の取引をしました。

また、黄色のチェックは4回目に決済注文をしたところです。

各トレード結果を見ていきます。

● 1回目:新規買い

新規買いをした直前が上昇トレンドになっています。

そのため継続して上がり続けると判断。

しかし20EMAを行ったり来たりして、気づけば30分が経っていました。

この時、前回の安値を下回ったので上昇トレンドが終了したと判断。

損切りをしました・・・。

● 2回目:新規売り

1回目の流れで新規売りをすぐに入れました。

これまでの経験では思惑通り下落していたのですが・・・。

反転して上がり続けてしまいました。

20EMAも突き抜けて、前回の安値も切り上げたので損切りをしました。

● 3回目:新規買い

今度こそはと、新規買いでポジションを立て直しました。

全体の流れをみても「上昇トレンド間違いなし」と判断。

あれれ・・・なんで下がっちゃうの。

往復ビンタにやられてしまいました。

● 4回目:新規売り

正直、この時のことはよく覚えていません。

精神的に参っていたので、ポジションを取るべきじゃなかった。

もしくは、トレンド相場の売買判断が機能していないことに気づくべきでした。

● 全体のまとめ

この日は高値で新規買いをして、安値で新規売りをするダメダメなトレードでした。

20EMAの使い方を見直さなければなりませんね。

これまでは、

 20EMAよりチャート上:上昇トレンド→新規・成行き買い

 20EMAよりチャート下:下降トレンド→新規・成行き売り

で上手くいっていました。

順張りという手法で、初心者でも利益を取りやすい考え方です。

しかし、

「ローソク足が移動平均線から離れ過ぎたら、バネのように元に戻ろうとする力が働く」

という考え方もあります。

参考:移動平均線乖離率とは|逆張り戦略で利益を出すコツ(注1

いわゆる逆張りというもので、相場全体の7割を占めているとも言われています。

今回の失敗で、初心者から中級者へステップアップする時期にきた決心しました。

今後は順張りだけでなく逆張りも使いこなせるよう、励んでいきます!

■■■■脚注■■■■

(注1)移動平均線乖離率とは|逆張り戦略で利益を出すコツ(投資の教科書)

XM Trading

公式サイト 口座開設

最新ブログ投稿

プロスペクト理論で過去検証をしてみた

(更新:2019年11月18日) どうもナオクマです! これまではテクニカル指標に焦点を当てたトレード分析をしてきました! 今後はメンタルや資金管理にも目を向けていきます! というわけで今回は、「プロスペクト理論」についてです。

[続きを読む]

 

【FX】2つの負けを比較して分かったこと

(更新:2019年11月07日) どうもナオクマです! 負けが続いています(;^_^A それにもめげず励むなか、「負け」にも色々な種類があることに気づきました! というわけで今回は2つのケースをご紹介します。

[続きを読む]

 

100トレード達成!利益額・損失額・勝率を発表します。

(更新:2019年11月05日) どうもナオクマです! 約2ヶ月に渡りトレード記録を付けてきましたが、 ついに100回目の売買を迎えました! 今回は、週ごとに報告するいつものスタイルとは趣向を変えて、 100回分の全記録を振り返ることにします。

[続きを読む]

 

その他のブログはこちらから

XM Trading

公式サイト 口座開設

Top